目次 > 第2章 Server(Web)版チュートリアル >  2.8 入力チェック(単項目)

2.8 入力チェック(単項目)

本節では、画面上に入力された値に対して入力チェックを行い、エラーとなった場合には画面にメッセージを出力する方法に関して学習する。

概要

2.4 ログオン/ログオフ」および「2.6 登録処理」で実装した機能に、入力チェック機能を追加する。
「ログオン画面」で入力されたユーザIDをサーバー側でチェックし、「登録画面」で入力された情報をクライアント側でチェックする。エラー時はそれぞれ自画面に遷移し、エラーメッセージを表示する。
入力チェックのルールを以下に示す。

ログオン画面

  • ユーザID
    • 必須入力である
    • 半角英数字である
    • 最大文字数は10文字である

登録画面

  • ID
    • 必須入力である
    • 半角数字である
    • 最大文字数は10文字である
  • 名前
    • 必須入力である
    • 最大文字数は20文字である
  • 年齢
    • 必須入力である
    • 半角数字である
    • 最大文字数は3文字である
  • 生年月日
    • yyyy/MM/dd形式である
    • 最大文字数は10文字である

必要となる作業

本節では以下の作業が必要になる。


次項:2.8.1 ログオン画面の入力チェック設定

Copyright (C) 2009 NTT DATA CORPORATION