A Sandcastle Documented Class Library
CreateBLogicParam Method (blogicParamTypeName, viewData, items, requestName)
NamespacesTERASOLUNA.Fw.ClientCoordinatorCreateBLogicParam(String, DataSet, IDictionary<(Of <(String, Object>)>), String)
ビジネスロジックの実行に必要な情報を格納する BLogicParam クラスのインスタンスを生成し、返却します。
Declaration Syntax
C#Visual BasicVisual C++
protected virtual BLogicParam CreateBLogicParam(
	string blogicParamTypeName,
	DataSet viewData,
	IDictionary<string, Object> items,
	string requestName
)
Protected Overridable Function CreateBLogicParam ( _
	blogicParamTypeName As String, _
	viewData As DataSet, _
	items As IDictionary(Of String, Object), _
	requestName As String _
) As BLogicParam
protected:
virtual BLogicParam^ CreateBLogicParam(
	String^ blogicParamTypeName, 
	DataSet^ viewData, 
	IDictionary<String^, Object^>^ items, 
	String^ requestName
)
Parameters
blogicParamTypeName (String)
ビジネスロジック入力 DataSet の型名。
viewData (DataSet)
画面 DataSet
items (IDictionary<(Of <(String, Object>)>))
ビジネスロジックの実行に必要なパラメータを格納する IDictionary<(Of <(TKey, TValue>)>)
requestName (String)
通信相手に通知するリクエスト名。
Return Value
ビジネスロジックの実行に必要な情報を格納するためのクラス BLogicParam
Remarks

EventController に設定したビジネスロジック入力 DataSet の 型名をもとにインスタンスを生成します。

EventController にビジネスロジック入力 DataSet の型名が 設定されていない場合は、EventController の ViewData と 同じ型の DataSet が生成されます。 EventController の ViewData も設定されていない場合は、 空の DataSet が生成されます。

BLogicParam クラスのインスタンスを生成し、 EventController の Items を、生成したインスタンスの Items にコピーします。 また、REQUEST_NAME をキーとして RequestName の の値を Items に追加します。REQUEST_NAME がキーとしてすでに利用されていた場合、 値を上書きします。

BLogicParam クラスのインスタンスの ParamData に 生成したビジネスロジック入力 DataSet のインスタンスを設定します。

Exceptions
ExceptionCondition
TerasolunaException DataSet のインスタンスを生成できません。

Assembly: TERASOLUNA.Fw.Client (Module: TERASOLUNA.Fw.Client) Version: 2.1.0.1 (2.1.0.1)