A Sandcastle Documented Class Library
BeforeCommunicate Method (blogicParam, requestHeaders)
NamespacesTERASOLUNA.Fw.Client.BLogicCommunicateBLogicBase<(Of <(TParam>)>)BeforeCommunicate(BLogicParam, IDictionary<(Of <(String, String>)>))
通信の前処理を実行します。
Declaration Syntax
C#Visual BasicVisual C++
protected virtual void BeforeCommunicate(
	BLogicParam blogicParam,
	IDictionary<string, string> requestHeaders
)
Protected Overridable Sub BeforeCommunicate ( _
	blogicParam As BLogicParam, _
	requestHeaders As IDictionary(Of String, String) _
)
protected:
virtual void BeforeCommunicate(
	BLogicParam^ blogicParam, 
	IDictionary<String^, String^>^ requestHeaders
)
Parameters
blogicParam (BLogicParam)
ビジネスロジックの入力 BLogicParam
requestHeaders (IDictionary<(Of <(String, String>)>))
リクエストのヘッダを構成する名前と値のペアを格納している IDictionary<(Of <(TKey, TValue>)>)
Remarks

通信の前処理を実行します。デフォルトでは、パラメータか構成ファイルから取得したリクエストタイムアウト 時間を RequestTimeout に設定します。

ICommunicator<(Of <(TParam>)>) の既定のリクエストタイムアウト時間以外の値を設定したい場合は、 Items か、あるいは構成ファイルのAppSettings要素に REQUEST_TIMEOUT をキーとして 0 以上の整数値を設定してください。

Items と構成ファイルのどちらにもリクエストタイムアウト時間の指定がある 場合、Items で指定された値が利用されます。どちらにもリクエストタイムアウト 時間が指定されていない場合、ICommunicator<(Of <(TParam>)>) の既定のリクエストタイムアウト時間が 利用されます。

Exceptions
ExceptionCondition
ArgumentException Items から REQUEST_TIMEOUT をキーとして 取得したリクエストタイムアウト時間が整数値ではありません。

Assembly: TERASOLUNA.Fw.Client (Module: TERASOLUNA.Fw.Client) Version: 2.1.0.1 (2.1.0.1)